転職がうまくいかない方に

エ-ルを送ります!

  1. 転職

転職がうまくいかない方にエ-ルを送ります!

こんにちは。夏真っ盛りでクソ暑い日が続きますが、そんな事にはお構いなしに、秋には転職したいと計画している編集長の柴田です。皆様の転職活動は如何でしょうか?

 

応募先の企業と上手くマッチングして新たな人生をスタートさせた方がいる一方でなかなか理想の転職先が見つからず、苦戦している方も多いと思います。

 

転職が上手くいかない原因は様々だと思いますが、まずは・・・深呼吸して冷静になりましょう。焦っても何も良いことはありません。

 

そもそも転職活動はじっくりと腰を落ち着けて取り組むものです。それくらい重要なイベントだと思っています。巷の転職サイトには「転職の期間は平均で1、2か月」などというデ-タがありますが、あくまでもデ-タです。ご自分の状況を比較して悲観することはありません。

 

転職活動は長期戦、スタミナ勝負になります。仕事をして日々の生活の糧を得るのですから、やりたくもない仕事をする羽目になるのであれば、安易に転職なんてしない方がいいと思います。

 

偉そうに言ってますが、私も今年の春から転職活動を続けています。今は中断しているとは言うものの半年になりますから長丁場なのは間違いないです。でも、慌てず焦らず、マイぺ-スで取り組んでいます。

 

転職サイト、リクナビネクストで求人内容を確認して面白そうな会社にはアポを取り、ガンガン面接に行ってます。「緊張しないのか?」と思われるかもしれませんが、私の場合「入社したい」というスタンスではなく
(勿論入社できればそれに越したことはありませんが)

 

仕事内容に興味があるので「詳しい話を聞きたい」という理由で訪問します。

 

担当者に嫌な顔をされたことは一度もありません。卑屈になる事もなく、過度に緊張する事もなく、リラックスして話を聞きに行きます。質問を投げて、反対に投げられて、質問のキャッチボールをしますw
これが、転職面接の練習にもなる訳です。私が場数を踏むのはそういう意味もあるのです。

 

営業をしていた方でも、転職の面接は独特の雰囲気があるので戸惑うこともあるかと思います。面接でどうしても緊張するという方は、人事担当者にアポ取って話を聞きに行きましょう。

 

苦手だからといってお茶を濁すのではなく、逆に飛び込んでいくのです。「死中に活あり」と言ったら大袈裟ですが、場数を踏めば全く気にならなくなりますよ。

 

転職サイトを全く使ったことがないという方は、この機会に是非登録して頂いて、求人情報を見てみましょう。私も登録しているリクナビNEXTが大手の転職サイトで知名度もあるのでお勧めです。

 

登録したら、ログインして求人情報を確認するのですが、職種を決める場合は、自分が「取り組みたい仕事」もしくは「興味が持てる仕事」を選んでおきましょう。

 

なかなか理想どおりには進まないと思いますが、「自分がやりたいこと」「興味がある内容」の延長線上で選択しておけば少なくともハズレを引くことはないと思います。

 

「給料が高いから」という理由だけで仕事を選ぶと、長く続けていくうちに苦痛になってきます。嫌な事や興味のない事を我慢して続けるのはただの苦行です。

 

毎日取り組む仕事ですから、給料が少なくとも自分がやりたい仕事、もしくは、それに近い仕事を探しましょう。無駄なストレスを抑えられると思います。

編集後記

今回は、「転職がうまくいかない方を勇気づける」というコンセプトのもとで記事を投稿しました。転職活動が長期戦になっても暗い顔をせずにカラ元気で頑張りましょう。

暗い雰囲気に飲み込まれてはいけません。無意識のうちに表情にも出てしまうので、兎にも角にも明るい雰囲気で臨みましょう。

簡単に実行できない場合は、転職に成功して理想の人生をスタートさせた状況を思い浮かべてみましょう。新たな環境で仕事をしている状況を想像するのです。

ポジティブなイメ-ジトレーニングを行うと、脳の思考回路がポジティブ思考に切り替わり、うまく行く様になります。

ウソのようなホントの話です。科学的にも証明されていますので、今日からポジティブ思考を身に着ける努力をしましょう。

 

関連記事

転職活動進捗状況について

転職活動進捗状況についてこんにちは編集長の柴田です。今年の遅い梅雨入りにイライラしていますが、皆様如何お過ごしでしょうか?私の方は来月7月から中元商戦がスタートす…

50代からの転職:転職の条件について

50代からの転職:転職の条件について現在絶賛転職活動中の編集長、柴田です。今回も転職を検討している50代の方々に向けて情報発信していきたいと思います。なぜ50代の転職…

辛いパワハラへの対処法について

パワハラ、それは言葉の暴力です「お前なんで電話に出らんとや!!電話には直ぐ出ろって言うたろうが!!携帯は肌身離さずいっつも持っとけ」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。