安全性で比較する
青汁の産地について

  1. 未分類

安全性で比較する青汁の産地について


青汁の産地

青汁は飲み物ですので、口に入れる原材料が安全かどうかを、購入者自身がきちんと調べなければいけません。どこで栽培された物なのか野菜の産地を商品ごとに比較しましょう。インターネット上から青汁を購入する場合、詳細ページに必ず明記されています。

 

産地は販売メーカーの自信の度合いによって、記載方法が異なります。安全性が高い青汁は、大分県の契約農家が化学肥料を使わずに栽培したといった具合に詳しく書かれています。商品によっては、農家の人の顔写真や感想文まで添えられています。よって、野菜の産地が国内又は県名のみの青汁には気をつけるべきです。品質にこだわりたい人は、野菜の育った土の環境や栽培方法、加工処理についても確認しておくべきです。

 

国産の青汁は安全か?

国産であれば食品衛生法により、厳しい審査をクリアした野菜が使われています。日本の野菜だからという理由で、安心感が芽生えるかもしれません。しかし人件費削減や大量生産を実現するために、外国で栽培した野菜を国内の工場で加工しているメーカーも少なくないのです。では、外国産だと危ないのかというと、決してそうではありません。

なぜなら国内で栽培した野菜よりもコストが抑えられますので、検査にお金をかけている可能性が高いからです。また一般的に外国産の青汁は料金が安いため、購入者にとっては大きなメリットとなります。野菜の産地が国内だから、安全性もきっと高いと決め付けてはいけません。青汁を比較する時は、有害物質検査なども含め、総合的に検討しましょう。

 

関連記事

2021年3月度、暗号通貨投資忘備録

目まぐるしく移り変わる暗号通貨市場を今日もウォッチしています。最近はブログネタが思いつかないので、気になるニュースなどを忘備録的に書き散らかしていこうと思います。暗号…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。