王道的青汁の
原料ケールとは?
栄養素で比較する青汁

  1. 未分類

王道的青汁の原料ケールとは?栄養素で比較する青汁


■王道的青汁の原料ケール

 

今では何種類もの野菜が青汁の原材料として使われていますが、元祖・青汁と言えば、栄養素が豊富なケールでしょう。ケールはアブラナ科の野菜に分類されカリフラワーやブロッコリー、キャベツと同じ原種になります。

 

キャベツとは違い非結球のため、大きな葉っぱが特徴的な野菜です。そして生では決して食べられないほどの強烈な苦味を秘めています。王道の原料ケールですが、野菜の王様と呼ばれていることもあり、様々な栄養素が含まれています。

 

野菜の王様ケ-ル

含有成分は主に、各種ビタミンや食物繊維、葉酸、カリウム、ルテイン、マグネシウム、ミネラル、βカロチン、メラトニン、鉄、ギャバなどです。他の野菜と比較しても、ビタミンCとβカロチン、カルシウム、マグネシウムが多く含まれています。

 

ビタミンCには、皮膚を再生する力がありますので、美肌や美白効果に期待できるでしょう。また食物繊維とカリウムの力も手伝い、若返りや老化防止に繋がります。βカロチンは目の疲れを解消したり、免疫力の向上を促してくれます。

カルシウムは骨を強くしてくれますし、マグネシウムは精神安定や血圧抑制といった効果が得られます。カリウムを摂取することで血流が良くなり、顔や足のむくみが解消されます。

 

葉酸は妊娠を計画している又は妊婦に対し、厚生労働省が摂取を推奨している栄養素ですので、ケールは女性にも最適な原料だと言えるでしょう。

 

苦味を抑えるために、ケール100%ではない商品も販売されています。少しでも多くの栄養素を摂取したいのであれば、加工方法やケールの使用量に注意すべきです。

 

 

関連記事

まだスマホ財布使ってないの?

新たなアイテム、スマホ財布が斬新です。こんにちは、編集長の柴田です。突然ですが、財布使ってますか?私はスマホでのQR決済を導入して以降、財布を使う機会が激減し…

働き方改革について本音で語ります

働き方改革について本音で語ります働き方改革が提唱されてだいぶ経ちますが、皆さんの職場の様子は如何ですか?上手く改善出来てますか?安倍首相が舵を取り、進めて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。