粉末?錠剤?形状で
比較する青汁について

  1. 未分類

粉末?錠剤?形状で比較する青汁について

形状で比較する青汁

青汁には、冷凍や粉末、フリーズドライ、錠剤、ジェルといった、主に5種類の形状があります。冷凍タイプは青汁の液体を凍らせたもので、余計な加工が施されていません。他の4種類と比べても、栄養価が高いといった特徴が挙げられます。

 

ただし、野菜の絞り汁の苦味や青臭さを残していますので、飲みにくいと感じる人も少なくないでしょう。
また冷凍庫で保存はできますが、大量に購入すれば置く場所に困るかもしれません。

 

青汁を乾燥させ、粉末状にしたものを、粉末タイプ又はフリーズドライタイプと言います。
冷凍よりも飲みやすい味に仕上がっており、持ち運びも簡単です。

この2種類は水や牛乳だけでなく料理やお菓子に振りかけて栄養素を摂取できる為、売れている青汁の多くが粉状を採用しています。フリーズドライは熱処理せずに乾燥させるため、加工による栄養素の現象も少ないです。

 

錠剤・ジェルタイプの青汁

錠剤はサプリメントのような形状をしています。水と一緒に飲み込むだけなので、青汁独特の苦さを感じません。冷凍青汁を解凍したり、粉末を水に混ぜている時間が無いという人には向いています。手軽さを重視した
形状ですので、冷凍や粉末よりも栄養素の吸収に時間がかかるといったデメリットがあります。

 

ジェルは若者や女性向けに誕生した、新しいタイプの形状です。個別包装されたスティックから、ゼリー感覚で食べられますし、ストローを使ってオシャレに飲むこともできます。凍らせればシャーベットにもなり、青汁の摂取方法の幅を広げた形状だと言えます。

 

関連記事

JUGEMブログと追憶の日々

JUGEMブログと追憶の日々無料ブログサ-ビス、ジュゲムブログにて何の変哲もないブログを所有していました。特化型アフィサイトのサテライトとしてリンクパワ-を送る目的で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。