ケールは苦い?
飲みやすさで比較する
青汁のタイプについて

  1. 未分類

ケールは苦い?飲みやすさで比較する青汁のタイプについて

 

飲みやすさで比較する青汁のタイプ

青汁は体に良いけれど、不味い飲み物だと言われています。たしかに野菜の絞り汁となるため、原材料によっては青臭さが残ります。商品によっては子供だけでなく、大人でも苦味に耐えられないかもしれません。豊富な栄養素が魅力的な青汁ですが、飲み続けなければ期待する効果も十分に得られません

 

そこで青汁を比較する際は「飲みやすさ」で選び、購入商品を検討しましょう。まず元祖青汁と言われているケールですが、飲みやすさを重視するなら除外すべきです。粉末タイプであれば、飲んだ瞬間に口の中に野菜臭さや青臭さが広がります。他の野菜と比べても、栄養素は比較にならないほど含まれていますが、衝撃を受けるほどの苦味が待ち受けていますw

 

同じく青汁の主原料として用いられる、明日葉と大麦若葉ですが、こちらは苦味やクセも少なく
飲みやすいでしょう。青汁ビギナーの方は、こちらの方が良いでしょう。

その他では、明日葉はジュース感覚で飲めるほどに、飲み口が軽いです。大麦若葉は抹茶に似た味ですので
抹茶が問題なければ飲みやすいタイプだと言えます。

 

青汁の原材料には、よもぎやゴーヤー、桑の葉、いぐさといったタイプがあります。よもぎといぐさは大麦若葉と同じように、抹茶のような味がします。ゴーヤーはケールほどではありませんが、ゴーヤー独特の苦味が生じます。また緑黄色野菜の苦味を抑えるために、抹茶や緑茶、豆乳、レモン、りんご、青じそなどを混ぜた商品もあります。飲みやすいと言われる、大麦若葉や明日葉でも抵抗を感じるなら、果汁が配合された商品を選ぶと良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。