長続きのためにコスト面で
比較する青汁

  1. 未分類

長続きのためにコスト面で比較する青汁

コスト面で比較する青汁

不足しがちな栄養素を補ってくれる青汁ですが、期待できる効果を得るためには、毎日飲み続けなければいけません。含有成分が豊富であっても、高額になれば負担は大きくなります。

 

価格帯は1箱1,000円から5,000円の商品が多いものの、1箱が何日分なのかは商品によって異なります。そこで青汁を比較するなら、1日や1杯あたりのコストを計算しましょう。1箱の値段が5,000円と高くても、1杯あたりの単価が平均よりも安ければお得です。

もしもコストを計算していなければ、1箱の値段が高いからという理由で、購入候補から外してしまうかもしれません。インターネット上で青汁を販売するメーカーが増えてからは、競合他社との差別化を図るために、宣伝ページでは必ず1杯あたりの料金を掲示しています。相場は、1杯あたり約50円から60円です。

 

定期購入や初回限定購入といったキャンペーンを利用すれば、1杯あたり20円から30円の商品も少なくありません。品質にこだわって作られている青汁なら、1杯あたり100円を超える商品もありますので、これなら長続きできるという金額を前もって設定しておきましょう。

 

含有成分の量

また含有成分の量からも、青汁は比較できます。青汁を飲む理由は、美容目的や健康な体を目指すためです。よってケール青汁を買う予定なら、ケール10gあたり又は1包みあたりに、どれくらいの栄養が含まれているのかが重要となります。

 

1箱の値段がほとんど同じ青汁であっても、栄養素の量が全く違えば、栄養素が多く入っている商品を選んだ方がコストパフォーマンスは高くなります。

 

関連記事

まだスマホ財布使ってないの?

新たなアイテム、スマホ財布が斬新です。こんにちは、編集長の柴田です。突然ですが、財布使ってますか?私はスマホでのQR決済を導入して以降、財布を使う機会が激減し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。