DefiプロジェクトSpaceSwap
資金運用法を公開します。

  1. 暗号通貨

今回の記事ではDefiプロジェクトSpaceswapでの具体的な資金運用法を公開します。Spaceswapに興味がある方は実際に資金を運用して頂き、興味が無い方は情報収集という観点からお読み頂ければ幸いです。

SpaceSwapとは、Uniswapプロトコルに基づくDefiプラットフォームです。Uniswapからフォ-クした後に更なる機能改善が行われています。スマートコントラクトに付きものの潜在的なバグや脆弱性に対する監査も完了しています。

SpaceSwapでの資金運用ガイド

Spaceswapで資金運用するためにUniswapでトークンペアをプールする必要があります。そこでゲットしたLPトークンをSpaceswapに提供する事で報酬を獲得します。

①サイトにアクセスしてメタマスクと連携させます。LOGIN WALLETをクリック。

 

②メタマスクの表示が出ますのでConnectまでクリックして接続します。

 

 

③Spaceswapのトップペ-ジが表示されます。メインで使うのはINTERSTELLARになります。GRAVITYでも報酬はゲット出来ますが、APY(Annual Percentage Yield/年間利回り)が低いので旨味は少ないです。

 

④赤い箇所を順番にクリックすると日本語表示に変換できます。JAが日本語です。

 

⑤ログインして中に入ると12個のブロックに分かれています。この中からAPYが高いブロックを選択して、表示されているトークンペアをuniswapでプールします。

 

⑥Antimmtterを例にとって解説します。このブロックではSHAKEとCRVのペアをプールします。TRADEをクリックしてUniswapに移動します。

 

⑦赤いアラ-ト「I understand」をクリックして表示を消します。これは、「詐欺ト-クンも含まれるので注意して下さい」と書かれた注意書きです。Uniswapはコントラクト・プログラムなのでどんなトークンでも簡単にリスティング出来ます。その為、注意喚起の表示が出ています。Spaceswapに表示されているトークンであれば特に問題ありません。

 

⑧この画面に変わったら右上のAdd Liquidityをクリック。トークンペアをセットして流動性を提供します。

 

⑨コインの枚数を入力してプールします。LPトークン(UNI-V2)がメタマスクに表示されますが、放置しておいて大丈夫です。全て完了したらSpaceswapに戻ります。

LPトークン(Liquidity Providor 流動性プロバイダー)とは、エコシステム内における貢献度を表すトークンです。多くの流動性を提供すればその分だけLPト-クンが付与され、報酬のMILK2トークンに反映されます。

 

⑩START FARMINGをクリックしてスタ-トします。ガス代が高騰している場合がありますので、ガス負けに注意しましょう。

※START FARMINGをクリックする前にMILK2が配布されているかどうかチェックして下さい。メタマスクにLPトークン(UNI-V2トークン)が入っていればファーミングが自動的に開始される仕様に変更されているので、MILK2が配布されていればクリックする必要はありません。ガス代取られるだけなので損します。

⑪報酬でもらったMILK2をメタマスクに移す場合はHARVEST(収穫)をクリックします。

 

⑫ガス代が問題なければ確認をクリックします。MILK2がメタマスクに送金されます。あまりにもガス代が高い場合は時間を空けて再度クリックしてください。時間帯によってはガス代が安くなることもあります。

メタマスクに入れたMILK2はそのままスワップ出来ます。私は面倒なのでメタマスクのスワップ機能を使ってETHに変えています。

Spaceswapのガバナンス(投票)でも有益な情報が入手できます

SpaceswapでもガバナンストークンのMILK2を使って投票に参加する事が出来ます。投票の内容は下記の画面からガバナンスをクリックすれば確認できます。

 

このペ-ジに議題が並んでいます。下記の赤枠に注目して下さい。

MICとCREAMペアの追加について投票が行われています。この議題は賛成多数で可決されました。ここで勘の良い方はピンと来たと思います。

よく分からなかった方は・・・投票を読んでじっくり考えて下さい。ここは敢えて解説せずに皆様への宿題にしたいと思います。

Spaceswap補足説明

SpaceSwapとは、Uniswapプロトコルに基づくDefiプラットフォームです。Uniswapからフォ-クした後に更なる機能改善が行われており、スマートコントラクトに付きものの潜在的なバグや脆弱性に対する監査も完了しています。

Spaceswapで資金運用する場合はUniswapでトークンをプ-ルして流動性を提供します。Spaceswapにトークンを預ける必要はありません。Uniswapは長期間にわたり安定して稼働しており、ハッキングもなくバグの改善も行われています。

Spaceswapは新参のDefiプロジェクトですがUniswapに紐付いて運営されているので安心して利用できます。この点はSpaceswapの大きな特徴と言えるでしょう。

編集後記

先日SpaceSwapのトークン、MILK2とSHAKEが爆上げしました。遂に来たかと言う感じで感無量です。

どの程度高騰したのかと言うと・・・

■MILK2 3円⇒400円!
■SHAKE 10万円⇒100万円!

どちらもテンバガー達成してます。凄まじいですね。これは衝撃的な事件なので、私の周囲では大騒ぎになりました。

「遂にSpaceSwapにも仕手筋が来たのか!」
「売らなければ良かった!」
「上手く立ち回れば億ったのか!」etc

さすがに億るのは厳しいかと思いますが、Spaceswapの運営は今後もMILK2とSHAKEの価値を上げていくとアナウンスしています。中長期目線でこれらのトークンをHODLするのも面白いかもしれません。

バブル相場で稼げている方は資金を流用して是非チャレンジして下さい。数年ぶりの暗号通貨バブルですから、あらゆる手段を駆使して資産を増やしましょう。

当サイトおすすめ、ビットコイン投資関連記事

●初心者さんにお勧め。ビットコイン投資、関連記事はコチラです。



関連記事

MILK2ト-クンに突撃しました。

表題のとおりSpaceswapのMILK2に突撃しました。ちょっと危険な香りもしますが、上げ相場の波に乗ってイってしまいました。今回の記事ではMILK2にイナゴした経緯に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。