楽天ポイントで株式投資! 無料で出来る株式投資法を解説します。

  1. コラム
楽天ポイントで株式投資!
無料で出来る株式投資法を解説します。

今回の記事では完全無料で取り組める株式投資法を解説していきます。完全無料と記載しているので

怪しさ満載で釣りだと疑われそうですが、ウソ偽りのない事実です。

論より証拠で最後までお読みになれば、事実だとご納得いただけると思います。

株式投資に少しでも興味のある方は是非読み進めて下さい。

それでは、はじめていきます!

専門知識もまとまった資金も不要。楽天ポイントで株式投資に挑戦しよう。

記事タイトルがネタばらしになってるので瞬時にお分かりかと思いますが、今回の株式投資は楽天ポイントを利用します。

楽天市場や楽天PAY、楽天カ-ドを使って買い物をすると100円につき1ポイントが付与されます。このポイントを貯めて株式投資に使います。

バ-コ-ド決済やクレジットカ-ドによるポイント付与は多くの企業が様々なサ―ビスを提供していて乱立状態ですが、その中でも楽天グループのサ―ビスが連携出来てポイントが貯まりやすいのでお勧めです。

楽天銀行を引き落とし口座に設定して楽天カ-ドを紐付けた楽天PAYで買い物をすればポイントが倍増するシステムになっています。

楽天市場でのお買い物マラソンなどのイベント時にはザクザクポイントが貯まります。このポイントを株式投資に使いますので実質無料で株式投資が出来るのです。

また、今回はインデックス投資を行いますので株式投資に関する専門的な知識は必要ありません。インデックス投資とは、世界中の優良企業の株式をピックアップしつつ、分散して積み立てていく投資法です。

世界経済が伸びて行けば、それに連動してあなたの資産も増えていくという仕組みです。株式投資では鉄板です。殆どの投資家はこのインデックス投資を行っています。

分かりやすく例えていうなら、アマゾン、アップル、グ-グル、フェイスブックの株を少しずつ分散させて毎月決まった額を購入していく感じですね。

少額を定期的に購入して積み立てていく事で、株価の取得単価が平均化されるので株価が下落しても損しにくい仕組みになっています。

この方式をドルコスト平均法といいます。大損しない代わりにボロ儲けも出来ませんが、長期にわたって積み立てていく事でジワジワ資産が増えていきます。

今回購入するのはeMAXIS Slim(イーマクシススリム) という非常に秀逸な金融商品です。手数料も業界最安値となっています。この商品を楽天ポイントを使って運用していきます。

株式投資の準備をしよう。

楽天ポイントで株式投資をはじめるにあたって必要となるのは・・・

楽天会員に登録
楽天証券に口座開設
楽天銀行に口座開設
楽天カ-ド取得
楽天PAYをスマホにダウンロード

上記5つです。まず楽天市場に会員登録をして、その後に楽天グループのサ―ビス、楽天証券、楽天銀行、楽天カードの申し込みを行います。

楽天証券と楽天銀行の口座解説は書類に必要事項を記入し提出するので若干面倒ですが、頑張ってクリアーしましょう。

ここまで全て完了したら、楽天証券のサイトにアクセスして楽天ポイントで株式を購入する手続きを行います。

eMAXIS Slim(イーマクシススリム)シリ―ズを購入します。

今回の株式投資で購入するのはeMAXIS Slim(イーマクシススリム)と呼ばれる商品です。今現在一番人気の金融商品でランキングでも上位を独占しています。

■積み立てランキング(楽天証券のサイトに飛びます)
(※このランキングに入っている商品であれば特に問題ありません)

今回はeMAXIS Slim(イーマクシススリム)シリ―ズの中でも一番人気のeMAXIS米国株式(S&P500)を購入します。ランキング1位の商品です。

別の商品に変えたい場合はワンクリックで簡単に変更できますので、特にこだわりが無ければこちらを選択しておきましょう。

楽天ポイントを購入に充てる設定方法

楽天ポイントで株式を購入する設定方法について解説します。この方法は楽天証券のサイトにも記載されておらず、分りずらいので注意して下さい。

①ログインしてホ-ム画面の投信をクリックします。

次に②緑色の積み立て注文ボタンをクリックします。

「ランキングから選ぶ」を選択します。

④中央の積み立てから、eMAXIS米国株式(S&P500)を選択してクリックします。

⑤緑色の積立注文ボタンをクリックします。

楽天クレジット決済を選択して楽天カードを登録します。

⑦毎月の積立金額を入力します。この個所は最低金額の100円で設定しておきます。

■100円以上の楽天ポイントが貯まっていれば、全額楽天ポイントで決済されるので現金は1円も使いません。

※楽天証券に問い合わせして確認した際に、下記の回答を頂きましたので間違いありません。

「投信積立の場合、「証券口座決済」と「クレジット決済」の積立に
ポイントをご利用いただけます。
積立金額からポイント利用分を差し引いた金額が、現金での決済額と
なりますので、積立金額以上のポイントがあれば、全額ポイントで
決済されることとなります」

⑧楽天ポイントコ-スへ設定します。

⑨分配金コ-スは「再投資型」、口座の選択は「特定」にします。

最後に目論見書を確認したら全て終了です。お疲れ様でした。後は無駄使いに注意しながら楽天ポイントをガンガン貯めつつ、株式投資に運用して行きましょう。

編集後記

今回は株式投資についてザックリ解説しました。この記事を読んで実際に行動した方、行動しなかった方、様々だと思いますが、この最終章までお読みになっているという事は株式投資に興味がおありなのだと思います。

今回の記事をきっかけにして株式市場やその他の金融商品について勉強して取り組んでみて下さい。

あなたの世界観が変わるのは間違いありません。日々ニュースに流れている日経平均株価など、聞き流していた内容も頭に入るようになり更に、政府が行う金融政策などにも興味が出て来ると思います。

気がついたら、いつの間にか日経新聞を読んでいるかもしれません。投資という行為は富裕層の専売特許という風潮がありますがそれは間違いです。

我々サラリーマン世帯でも資金をきちんと積み立てて行けば大きな資産を形成できます。食わず嫌いは卒業して取り組んでみましょう。今回の記事があなたの踏み台になれば幸いです。

柴田修

JUNKEY STYLE編集長。福岡在住。ブログアフィリエイトを極め、イケダハヤトを追い越す目的でブログを立ち上げ更新中。最近はボイシーにハマっている。

記事一覧

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。