アマゾンアソシエイト(アフィリエイト)の審査に通らず絶望している方に朗報です!

  1. コラム

アマゾンアソシエイトと提携できる方法をまとめました。アマゾンと提携できずに苦労している方には朗報ですよ。

アフィリエイトを行う上で絶対に押さえておきたい広告主、それはアマゾンでしょう。楽天は審査なしで提携できますが、アマゾンと提携するにはアマゾン側の審査に合格しなければなりません。

しかし、この審査がかなり厄介で簡単には通りません。キッチリ記事を投稿して運営していても落とされる時は簡単に落ちます。

アダルトや暴力などの反社会的なサイトでもないのに却下されます。しかも、落とされた明確な理由を教えてもらえないのでフラストレーション溜まりまくりです。

私も当サイトを何度も申請したのですが、合格できませんでした。50記事ほど投稿した後に満を持して申請したのですが、あっけなく玉砕しました。

その後、5、6回は申請出しましたが、未だに不合格のままです。心がバキバキに折れまくって、半ば諦め状態でした。しかし、ある時、ツイッターでフォロワーさんに審査に通る方法を教えてもらいました。

そして、その方法を実践したところ・・・あっけなく提携出来ました。簡単すぎて拍子抜けです。

今回の記事では、アマゾンアソシエイトの審査に合格できた方法を公開しますので、是非とも最後までご覧ください。

アマゾンと提携する方法をお教えします。

アマゾンアソシエイトの審査に合格する方法、それはアマゾンと直接やり取りするのではなく、アマゾンとの間に別のASPを咬ませます。

画像を見てお分かり頂けたと思いますが、具体的には「もしもアフィリエイト」経由でアマゾンに申請を出します。もしもアフィリエイトの案件の中にアマゾンが入っているので、そこから提携依頼を出します。

この方法だと簡単に提携できます。私も一発で合格出来ました。もしもアフィリエイトをクッションにする事で合格率は格段にアップします。

逆に、もしもアフィリエイトから申請を出して「落とされた」という話を聞いた事がありません。殆どの方が合格しています。

なので、アマゾンアソシエイトに提携申請を出すのであれば、もしもアフィリエイトは鉄板ASPです。

私も絶望の淵に沈む寸前に、もしもアフィリエイト経由で合格したのですが、その時、もしもアフィリエイトから後光が差していましたw

本当に感謝の気持ちしかありません。

「もしもアフィリエイトさん、本当にありがとうございました!!」

編集後記

アマゾンアソシエイトの審査に合格したい方は、今すぐもしもアフィリエイトにログインして申請出しましょう。

難しい事は何もありません。「もしもアフィリエイトに登録してアマゾンに申請出すだけ」超絶簡単なので、登録していない方は直ぐにやりましょう。

「面倒くさいから後でいいや」などと言ってる場合ではありません。いつ何時、アマゾンとの提携が打ち切りになるか分かりませんよ。

そもそも、もしもアフィリエイトからアマゾンに申請できること自体が謎です。理由は全く分かりません。

状況は、日々目まぐるしく変化してますから、その場その場で対処していきましょう。

追記

アマゾンアソシエイトの審査内容が厳しくなっています。これまでは、提携を希望するサイトを提出するだけでしたが現在は提携申請を行って180日以内に3件の成約を取る必要があります。(提携申請を出した時点で商品リンクが作成できます)

この条件をクリアーした後にサイトの審査が行われます。アフィリエイト初心者の方にはかなりハ-ドルが高くなっています。3件の成約を出しても不合格になる可能性もある訳で非常に不安定な状況ですね。

しかも、一度申請したら180日(約3か月)は保留の状態が続くのですから、これまでの様に「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」戦術も使えなくなりました。

現在はブログブ-ムでブロガーが増えて、アマゾンに提携以来が殺到しているのかもしれません。

アマゾンの審査はBOTではなく、人間が直接確認している様なので、社員さんの負担軽減のために今回の様なフィルターが設けられたのかもしれません。

こうなると今後ますます厳しくなることが予想されます。もしもアフィリエイトからの提携も閉鎖されるかもしれません。提携できていない方は今すぐ行動しましょう。

◆もしもアフィリエイト登録

関連記事

キャッシュレス決済ノススメ

セブンイレブンで爆買いに遭遇しましたこんにちは。セブンフリーク、編集長の柴田です。本日もよろしくお願いします。先日、セブンイレブンにメルカリ商品の発送に行った…

平成最後の日に思う事

平成最後の日に思う事こんにちは!編集長の柴田です。GW真っ只中ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?ゆっくり休んで英気を養うもよし、ネットビジネスをガッツリ行うもよし、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。