ビットコインの価格は半減期で上がるのか?

  1. 暗号通貨

■CoinGecko

ビットコインの半減期が迫っています。CoinGecko特設サイトの表示によると 【推定日時  2020年5月24日】 630,000ブロックにて半減されるようです。(多少の時間のズレはあると思いますが)

ここで問題となるのは、半減期を迎える事によりビットコインの価格にどの様な影響を及ぼすのか?
ブッチャケ上がるのか、下がるのか? 下がるという事はあり得ないので、上昇するとは思いますが、どの程度上がるのか、いつごろから上昇するのか?

様々な疑問があると思います。これらの問に関して、私なりの意見をまとめてみました。

ビットコインの価格は動くのか?

◆ビットコイン半減期前後の値動き:2016年7月9日(2回目半減期)◆

間違いなく動きます。価格は上昇するでしょう。半減期を迎えれば、マイニングの報酬が半分になるので、ビットコインの出来高が現状のまま推移するのであれば普通に考えて価格は上がります。

供給量が減るのだから当然です。前回、前々回の半減期後もビットコインの価格は大きく上昇しています。今回も前回同様、半減期を迎えた後に上がっていくのではないかと考えています。

ただ、どのタイミングでどの程度上昇するのか?この点は不明です。しかも、今回はコロナショックの影響がありますので、どの様な動きになるのか誰にも分かりません。

半減期での値動きに業界中が注目しているところへ突如としてコロナショックが襲いました。金融市場は総崩れとなり、損失回避の資金繰りに窮した投資家がビットコインを売却しました。ここで大きく下落する事になったのは周知の事実です。
(でも、安全資産の金の価格ですら下落したので仕方ない事だと思っています。)

今回の半減期は大きなマイナスからのスタ-トとなります。私もビットコイン価格が90から100万円の時に買い増ししているので含み損が半端ないです。

含み損の状態から価格が上がっても爆益は無理なので、トントンで収まれば「御の字」と言う状態です。

ただし、供給量が半分になるのだから今後ジワジワと上げていくのは間違いない。需要と供給のバランス次第ですが、この先も取引高が増える事はあっても減るとは考えられない。

手堅くいくのであれば、安易にトレ-ドせずXデ-までガチホしておきましょう。
(ありきたりな回答で申し訳ない)

「半減期後に爆上げして大儲け!」などという短期間での利益回収はちょっと難しいと思いますので、長期保有前提で市場の動きをチェックしていきましょう。

ビットコインは買い増しするべきか?

資金に余裕があれば、買い増し一択です。ドルコスト平均法を用いて、様子を見ながら買い増しするのが良いでしょう。

毎月一定の額を運用していきます。もし、ビットコインの価格が急落するようなことがあれば、その時は残金を一気につぎ込んで買い増しです。

前回の最安値、40万前後まで落ちてくれば・・・私は、勝負に出るつもりです。

人それぞれ投資スタイルや予算は違ってきますので、ご自分でしっかりと判断して資金を突っ込みましょう。
(と言いつつビットコインは外れないと思っているので割と楽観視しています。)

編集後記

ビットコインの3回目の半減期、楽しみですね。どの程度上がるのか興味津々です。

仮想通貨のポ-タルサイトでも今回の半減期について様々な記事が書かれていますが、内容がバラバラで非常に興味深いです。

「大きく上昇する」、「今回の上昇はすでに織り込み済み」などなどメディアによって意見が違ってるので鵜呑みにするのは危険ですね。

しかも、今回はコロナショックによる影響が出て来ると思われますので、どういう展開になるか誰にも分からないと思います。

世界的な金融緩和の推進により、ビットコインに資金が流れてくる事も予想されています。

基本はガチホスタンスで、市場の動きに注意を払っておくべき局面かもしれません。

関連記事

2021年2月度暗号通貨投資近況報告

2月度暗号通貨投資最終報告記事(中国語みたいですなw)まとめました。今月は残念ながら、大きな動きはありませんでした。記事にする程の事でもないのですが、忘備録、近況…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。