噂のクロスエクスチェンジに
投資してみました!

  1. 暗号通貨

今話題のクロスエクスチェンジに投資してみました。このクロスエクスチェンジ、ツイッタ-界隈でもかなり話題になっていて配当が日給一万の方もちらほらいらっしゃるようです。配当で一万円分のコインを貰うとなると現時点で200万以上の資金が必要です。リスクとって投資出来る方が羨ましいです。

余剰資金の無い俺にはそれだけの余裕はありません(涙)いや、用意すればお金はあるんですが、無理してぶち込んで、焦げ付いた日には目も当てられません。

それに今年は私立大学の学費に加えて、私立高校の入学金とその他諸々お金がかかります・・・

ここ、大事なのでもう一回言いますw

今年は私立大学の学費に加えて、私立高校の入学金とその他諸々お金がかかります。(爆涙)

なので今回は出費を抑える必要があるのです。無駄使い出来ません。投資なので無駄じゃないと思いますが節制します。話が大幅にそれましたが、クロスエクスチェンジは当初、スキャムではないかと疑っていた訳です。言い過ぎの感はありますがどう考えても、配当の利率が高すぎます。

コース名 XEX還元率(%) 比率(%) ロック期間(日)
マイニング90 130 30 90
マイニング60 118 18 60
マイニング30 108 30
マイニング0 100 なし

 

90日ロックの場合でXEXの還元率130%ですので、これは普通に考えたらポンジスキ-ムのレベルです。あのUSI-TECHですら7か月単利で140%ですから怪しいと考えるのは当然です。逆に警戒せずにホイホイお金出す人は注意しましょう。投資に向いていませんので考え直した方がいいです。詐欺に遭う可能性が高いですから非常に危険です!またしても話がそれました・・・

つまり、方針を変え投資する事にした訳です。(何がつまりだよw)

クロスエクスチェンジのシステムが複雑で分かりにくかったのですが、よくよく調べてみて、一応納得できました。マイニングという表現がしっくりこないのですが、要は取引した際の手数料を一部プ-ルしておいて、後は配当としてばら撒くという事なんですね。

今、マイニングに参加している投資家も買い増しするだろうし、新たな参入者も日増しに増えています。取引所のランクもドンドン上がっていてF・COINを簡単に抜き去っています。こういった状況も加味して検討を行い「投資しても問題ない」という結論に達したわけです。

でも、考えてみると利益のほとんどを配当に回すというのは本当に凄い事だと思います。採算度外視で行っているのかもしれません。赤字とは思われませんが、簡単には出来ないでしょう。利益率を下げてでも人を集めて囲い込みファン化する戦略でしょう。

こう考えてみると、取引所での暗号通貨の取引自体はかなりの利益が出ているはずです。ハッキリ調べたことが無いので分かりませんが数十から数百億レベルは間違いないと思います。あの悪名高いコインチェックがネムを流出させて尚且つ、被害額を補填できるだけの資産を保有していたのですから想像を絶するレベルなのは推して知るべし。

だからこそ、あれだけの報酬を支払えるのだと思います。つまり・・・
正真正銘、本気で勝を取りに来ているのです。

俺の推測が事実なら、この波には是非とも乗って、勝負した方がいいですね。というか今乗らずにいつ勝負する?というレベルだと思います。こういうビッグウェーブはそう簡単には現れません。しかも、大波が来たところで、テイクオフする準備を日ごろから行っていた者しか乗る事は出来ません。

そういう意味では、この波をいち早く見つけ乗る事が出来た自分の感性を褒めてやりたい気分です。


※XEXの価格は取引開始から現在までで約4倍に伸びています。悲観相場の中で綺麗なチャ-トです。

今後も参入者は日増しに増えていくと思われますので何とか買い増し資金を集めて出来る限りの投資をしようと考えています。今、何らかの偶然でこの記事をお読みのあなたも、この機会に検討しては如何でしょうか。もし、損する事になっても一切責任は持てませんが、その可能性は限りなく低い優良な投資案件だと思います。

PS

大事な事を書き忘れていました。このクロスエクスチェンジという取引所は単なる取引所にあらず。今年に入って注目されている、STO()のプラットフォームになるべく動いています。これが実現すれば凄い事になりますよ。価値の移転が始まりますから。詳しい内容は今回は割愛しますが暗号通貨業界の大きな激流となって逆巻いていくと思います。

🔵クロスエクスチェンジ

関連記事

RONコイン残酷物語

RONコイン残酷物語先日爆上げしたRONコインが暴落しております。しかも、これまでに見た事もないくらいの凄まじい勢いで下がっています。8月30…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。