病気に強い免疫を作るための
青汁の選び方とは?

  1. Green Juice 青汁

病気に強い免疫を作るための青汁の選び方とは?

免疫を作るための青汁

免疫力は20歳を境に、年々低下していきます。すると外敵から体を守る機能が弱まるため、感染症やウィルス性の病気にかかりやすくなります。しかし青汁を飲むことで、免疫力を維持することは可能です。ビタミンAとビタミンC、ポリフェノールが、免疫力と密接な関係にあります。

ビタミンAは免疫機能を高めたり、粘膜を守る役割を果たしています。ケールや明日葉の青汁に多く含まれていますが、1日の摂取量を過剰に超えてしまうと、肝障害などの副作用が出ますので注意してください。


1日の摂取量は成人男性500から750μg/日、成人女性400から600μg/日、
高齢者400から650μg/日
妊婦550から650μg/日となります。

ビタミンCとポリフェノール

ビタミンCには抗酸化作用があり、粘膜を強化してくれます。桑の葉や大麦若葉、ゴーヤに多く含まれており1日の摂取量は成人男女ともに100mgが目安です。みかんを3個食べれば100mgは達成できます。

 

青汁で換算すると、コップ1杯で十分な量のビタミンCを含有しています。免疫力を高めるためにビタミンCは非常に重要ですが、青汁を選ぶ上では、あまり意識する必要はないでしょう。

ポリフェノールにも抗酸化作用があります。また免疫細胞の活性化や血流の改善に期待でき、老化防止効果が高い栄養素とも言われているのです。

ケールや明日葉、長命草、桑の葉の青汁にポリフェノールは多く含まれています。1日の摂取量は約1500㎎です。ビタミンCを摂取することで、ポリフェノールはより吸収されます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。