生活習慣病を意識した
青汁の比べ方とは

  1. 未分類

生活習慣病を意識した青汁の比べ方とは

 

生活習慣病を意識した青汁

不規則な生活や過度なストレス、飲酒、喫煙などによって、高血圧や肥満、糖尿病、脳梗塞を発症します。
こうした病気の総称を生活習慣病と呼び、日本人の約6割が命を落とすと言われているのです。

 

合併症まで引き起こす怖い病気ではありますが、そもそもは不足してしまった栄養素が原因となります。そのため生活習慣病予防や改善のために青汁を飲むなら、自分に欠如しているものは何かを確認する作業が必要です。

見不足している栄養素を青汁で補う

肉中心の食生活を送っている場合、野菜が不足しているはずです。野菜には食物繊維が多く含まれて
いますので、食べる量が減れば便秘となり、体内に老廃物が溜まってしまいます。

 

老廃物が体外に排出されないと、代謝や血流が悪くなり、太りやすい体質へと変わります。
つまり食物繊維が豊富な青汁を飲めば、肥満の解消へと繋がります。

 

カルコンという栄養素には、血圧を抑制する働きがあります。明日葉の青汁に多く含まれている成分ですので
高血圧が気になるならカルコンが豊富な商品を比較しましょう。

 

また血糖値を下げるには、ポリフェノールやDNJ、モモデルシン、チャランチンという成分を摂取すると
良いです。これらは桑の葉やゴーヤーの青汁に含まれています。

 

動脈硬化が進行することで、血液の流れが悪くなり、脳梗塞を含む脳の病気は起こります。他の生活習慣病とは違い、血圧や老廃物の蓄積と原因は様々です。

 

ビタミンやミネラルが豊富な青汁を飲めば、吸収率の増加にも繋がります。よって脳の病気には
1つの栄養素に偏ったものではなく、色々な成分が含まれている青汁が有効です。

 

 

 

関連記事

2021年3月度、暗号通貨投資忘備録

目まぐるしく移り変わる暗号通貨市場を今日もウォッチしています。最近はブログネタが思いつかないので、気になるニュースなどを忘備録的に書き散らかしていこうと思います。暗号…

まだスマホ財布使ってないの?

新たなアイテム、スマホ財布が斬新です。こんにちは、編集長の柴田です。突然ですが、財布使ってますか?私はスマホでのQR決済を導入して以降、財布を使う機会が激減し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。