散歩紀行/志賀島

  1. diary

散歩紀行/志賀島

このカテゴリ-では日記を書き綴っていきます。ひたすら日記中毒に陥るまで書いていきます。
恥ずかしいので見ないでね。

2018年11月日

優希ちゃん、健ちゃん、俺の3人と「一匹」でドライブに出かけました。行先は志賀島。海岸沿いの国民宿舎「響」前の海岸でシロちゃんと一緒に散歩をします。

爺さんのプリウスに乗って出発!俺の愛車、GC-8だと、何故か暴れて落ち着きません。音がうるさいのかな?

https://twitter.com/oinu_shiro0401/status/1061118204938842113

シロはまだ車に慣れていないので長時間車に乗る事は出来ません。途中で人工島、アイランドシティ内の公園でちょっと休憩。そこから志賀島目指して発進します。

特に渋滞もなく、スイスイ進んでいきますが、シロは怖がって座席の下に潜り込んでピスピス泣いていますw

ずっと泣いているので途中でコンビニに入り再度休憩。そこで食料調達、昼食タイムに入ります。

ところが・・・

食い物が出てくると途端に元気になり座席の横のひじ掛けによじ登り「食い物よこせ」と猛烈にアピ-ルしてきます。食い物欲しさにあばれる君になり、勢い余って座席から転落、アゴを強打しますが、ものともせずに調理パンに食いつきます。

食い物の力は恐ろしいwww

腹ごしらえを終えて志賀島までノンストップで走ります。シロが泣いても止まりません。と言っても後15分ほどで到着です。市街地を抜け、ようやく海が見えてきました。昔は志賀島の外海でよくサ-フィンしてました。

志賀島の波はいつもダンパー気味で良くないのですが、横一線にサ-フポイントが続いているので混んでいても人がいないポイントに入る事が出来たので個人的には大好きでした。これが三苫になると波がブレイクしているポイントが限られてくるので波の取り合いになります。ロ-カルサ-ファ-もたくさん入ってるので、意外とギスギスした雰囲気になります。

平日は三苫に行く事もありましたが、土日はもっぱら志賀島で楽しんでいました。オ-プンな雰囲気が良かったし、何よりロケ-ションが最高でした。青い空と海のパノラマが広がり爽快な気分になります。波待ちでボ-ドにまたがっている時に「ここは本当に福岡だろうか」と疑いたくなる程でした。

しかし、そんな素晴らしい志賀島ポイントも波打ち際にガ-ドレ-ルが設置されサ-フィンが出来なくなりました。車を止めるスぺ-スが無くなり、あえなく終了となったのです。夏の海水浴シ-ズンに海の家に客が入らないので「ガ-ドレ-ルをわざと設置した」とか様々な憶測が伝えられていましたが真相は未だに不明のままです。

こういう状況になり、海から足が遠のき、仕事も変わって余裕が無くなり、気が付けば海に入らない生活が普通になっていました。今では体型も変わってしまい、サ-フィンする事は2度とないのかもしれません。

話がそれましたが、ようやく海に到着です。駐車場に車を止め、いざ出陣!夏場には違法駐車を取り締まっていたホテルのガ-ドマンもいません。悠々と車を止めて海に向かいます。

途中で女子高生の集団が「ワンちゃんカワイイ-」と絡んできましたがシロは知らない子供には噛みつく癖があるので、そそくさと離れつつ、海辺に向かいます。

btr

 

広々とした解放感、心地よい波の音、海は最高です!! ここの海辺は芝生のエリアがあるので座ってゆっくりとくつろぐ事ができます。でも折角シロを連れて来ているので、浜辺を歩いて行きます。

btrhdr

 

btr

 

どんどん歩いて500メ-トルほど進むと目の前に小さな島が現れました。中央に鳥居が立っており、異様な雰囲気です。化け物でも封印されているのかなw目と鼻の先にあるので泳いで渡れそうです。非常に面白そうなので、来年の夏に渡って冒険してみたいですね。

 

btr

 

途中で小休止してシロちゃんの水分補給。携帯水筒が大活躍しています。

 

 

 

 

久しぶりの海は解放感があって気持ちがいい!!

 

 

正面には能古島が見えます。能古島アイランドパ-クにも遠征してみたいですが、漁船に乗るのでシロは入れないかもしれません。

 

巨大な豪華客船が悠々と進んでいきます。その後ろには福岡タワーとヤフード-ムが霞んで見えます。

志賀島には何度もドライブに行きましたが、こんなに面白いポイントがあるとは思いませんでした。いつも車で素通りするので分からないのも当然ですが、自分の足で散策すると面白い発見があって非常に楽しいですね。近場の公園とかいろんな場所にシロを連れて散策に行こうと思います。シロとの散歩の時間は本当に楽しい!!

 

PS 志賀島からの帰り道に名島城址に寄り道しました。

現在は城の面影は残っていません。

 

 

関連記事

散歩紀行2/駕与丁公園

今回の散歩は粕谷の駕与丁公園です。会社の会議が、この公園の隣にある研修センターで行われおり、時々参加していたので公園があるのは知っていましたが、園内に入るのは今日が初めて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。