暗号通貨(暗号資産)投資はBTC一択だと思う理由について語ります。

  1. 暗号通貨

暗号通貨のビットコイン、お持ちですか? この問いかけをすると「いやいやビットコインなんて怪しさ満載、詐欺でしょう」

こういった返事が必ず返ってきます。ビットコインは全然怪しくないのですが、情報収集を全く行わずメディアに流れるニュ-スだけを聞いている一般の方にとって、いまだに怪しい存在なのは無理からぬ事だと思います。

人は自分の理解が及ばないモノに対しては怪しいという感情を抱きます。

特にお金が絡むとこの傾向はより顕著に現れます。しかし、私に言わせれば暗号通貨がこれだけ話題になっているのに全く理解していない、それどころか情報収集すらしていない感受性のかけらもない方々の方がよっぽど怪しさを感じます。

情報化社会において、このスタンスは間違いなく危険ですね。きちんと情報収集を行い、時代の流れについて行きましょう。

という事で前置きが長くなりましたので本題に入って行きたいと思います。

暗号通貨はビットコイン(BTC)一択だと思う理由①

現在、世に出回っている暗号通貨の数は2,000種類と言われています。日々新たなコインがリリースされているので、正しい数を把握するのは不可能でしょう。

暗号通貨の世界は、その頂点にビットコインが君臨しており、その下に高性能なアルトコインが順番にランキングされています。

これだけ種類が多ければ、どのコインを買った方が良いのか全く分からないと思います。

投資初心者の方は資金も少ないことから、低額のアルトコインに目が行きがちだと思います。低額のコインを大量に購入して、そのコインが値上がりしたら差額分が利益になるというシンプルかつ、最も効率の良い
方法だからです。

しかし、暗号通貨バブル全盛時の2017年ならいざ知らず、現在ではこの投資法は危険です。アルトコインの選定は非常に難しく経験豊富な投資家でも見極めが難しいからです。

現在、時価総額で上位にランキングしているコインですら将来の状況は楽観できません。コインのユ-スケ-スが全く見えないのです。通貨という名前が付いていながら通貨として利用する事は出来ません。

何故なのか?理由は簡単で、使える場所がないのです。かろうじてビットコインが決済に使える程度です。有名どころではヤマダ電機でビットコインの支払いが可能です。その他のケ-スではアルトコインの購入にビットコインが使用されます。

ビットコインは暗号通貨の世界では基軸通貨として流通しています。日本の取引所ではJPYで購入できますが、海外の取引所ではビットコイン払いがデフォルトとなっています。これがビットコインの強みです。

このシステムは今後も継続していくと思われますのでビットコインが廃れる事は考えられません。暗号通貨投資はビットコイン一択だと思う理由その1です。

暗号通貨投資はビットコイン一択だと思う理由②

暗号通貨ビットコインは投資の世界ではデジタルゴ-ルドと呼ばれ、退避通貨としても注目されています。コロナウイルスの影響で世界各国で金融緩和政策が実施されました。日本でも大量の資金が市場に投入されました。

これは何を意味するかお分かりでしょうか?金融アナリストの方々が警鐘を鳴らしているのを耳にした方もいらっしゃると思います。

この政策を継続して行えばハイパーインフレが起こる可能性が高まります。つまり紙幣の価値が低下するのです。政府が保証している通貨の価値が、政府の政策により低下するのです。

過去にはアルゼンチン、ジンバブエ、ベネズエラなどの政情不安な国でハイパーインフレが発生して自国の通貨の価値が暴落、紙屑同然になりました。

こういった局面に陥る前に資金を安全資産に逃がす必要があるのですが、退避通貨として近年、注目を浴びているのがビットコインです。現にジンバブエやベネズエラではビットコインの需要が急増しています。

今回のコロナ禍でもビットコインの出来高が過去最高になりました。富裕層がこぞってビットコインを購入しているのが見て取れます。

ビットコインをウォレットに入れてきちんと所有(秘密鍵を管理)しておけば第三者に奪われる恐れはありません。預金封鎖されても全く動じることなく、資産を守る事が出来ます。

現物の金と違って持ち運びに窮する事もありません。非中央集権であるビットコインの性能が最大限に発揮される局面だと言えます。

ビットコインは価格の乱高下する欠点ばかりが指摘されますが、退避通貨としての意外な一面も持ち合わせているのです。近年は、この特徴が注目されておりビットコインの人気が高まりつつあります。

初心者の方にはビットコインの購入を強く強くお勧めします。現在の価格はビットコイン1枚あたり100万円前後で推移しています。高額なので手を出せないと思った方も多いでしょう。

でも、心配ご無用です。取引所のコインチェックで売買を行う場合の最小取引単位は0.005BTC以上、日本円で500円相当額以上です。コインの単位に小数点が付くので違和感を感じると思いますが、慣れれば全く気にならなくなります。

少額で積み立てていけば将来、大きな恩恵が受けられるでしょう。個人的には積み立てNISAiDeCoなんかより魅力ある金融商品だと思っているほどです。

私もまとまった現金が手に入った時はその都度買い増ししています。毎月、決まった金額で購入するドルコスト平均法でも、価格が下がった時にガッツリ購入する方法でも何でもよいので、それぞれの財務状況に応じて入手して頂ければと思います。

暗号通貨投資はビットコイン一択だと思う理由③

3番目の理由が一番の目玉、大本命です。それが何かというと「アメリカでのビットコインETF承認」です。ビットコインETFとはビットコインを運用資産に加えたファンドの金融商品です。

このビットコインETFでは、株式など運用している資産の一部にビットコインを加え、ファンドが運用して利益を出していきます。これらの資産から生じた収益が投資家に還元されます。

ビットコインETFは証券取引市場への承認を得るために何度も申請を出しているのですが、ことごとく却下されています。

価格変動が(ボラ)激しい事や、マネロン対策が出来ていない、などの点が指摘されています。

しかし、このビットコインETFが承認されるのも時間の問題だと思っています。最近では退避通貨としてビットコインの認知度も上がっており、興味を持った投資家が自分たちで勉強して購入しているからです。

ファンドの機関投資家(顧客の資産を運用する大口のベテラン投資家)としても、新たな金融商品は喉から手が出るほどに欲しい筈ですから将来的には間違いなく認可されるでしょう。

暗号通貨の市場規模は非常に小さいですが、逆に言えば、それだけ伸びしろがある魅力的な市場とも言えます。この市場に目を付けない筈がないと考えます。

今はわざと不合格にする事で問題提起を行い、改善させるための操作をしているのだと思います。現状で認可しても良いが、それでは重みに欠けるので不合格にしている印象を持ちました。

今後ビットコインETFが認可され証券市場に上場すれば、大量の資金が流入してきます。天下の米証券取引委員会(SEC)が認めた金融商品なのですから詐欺というきな臭いイメ-ジは一掃されます。

逆に、安全な商品なら「買っても良い」と思っている保守的な日和見投資家も参入してきます。

こうなると巷で囁かれている「ビットコイン爆上げ10倍説」が現実味を帯びてきます。大きな資産を手にするまたとないチャンス、いえ最後のチャンスになるかもしれません。

今のうちにビットコインを一枚でも多く手に入れておきましょう。

編集後記

暗号通貨のビットコイン、お持ちですか?編集後記までお読みいただいた方は、怪しい詐欺コインという認識は消失していると思います。

怪しいどころか今後台頭してくるデジタルマネーの大先輩です。メディアでの偏った報道のお陰でビットコインのイメージは上手く伝わっていません。

ビットコイン投資詐欺やハッキングなどネガティブなイメ-ジが先行しています。しかし、投資詐欺は詐欺師が悪者です。

ハッキングはセキュリティ体制をおざなりにした取引所の責任です。ビットコインは無関係なのです。この点は強く主張したいですね。

次世代の革新的なシステム「ブロックチェ-ン」を装備した暗号通貨ビットコインは正に暗号通貨のキングです。今は泣かず飛ばずでも、ビットコインの価格はジワジワ上げて来ると予想しています。

まだお持ちでない方はこの機会にしっかり勉強、情報収集を行って入手してみて下さい。

新たな世界が見える様になりますよ。

関連記事

コインチェックの使い方を解説します

アカウント登録、コインの売買、JPYの入出金まで。コインチェックの使い方を詳しく解説します最近は暗号通貨市場が大きな盛り上がりを見せており、大量の資金だけでなく、優秀…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。