コロナウイルス対策について

  1. コラム

世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大している状況ですが、皆様つつがなくお過ごしでしょうか?

日本での感染者数も日を追うごとに増加しており、私が住む福岡でも感染が確認されました。この報道により町の状況も一変したように感じます。

明らかにマスクを着用する人が増え、企業や公共施設の入り口には消毒薬が設置されるようになりました。

これまでは、どこか対岸の火事と言う雰囲気でしたが、一気に緊張感が高まっています。ランチによく利用していたレストランもお客の数が激減しています。

イベントや集会などもことごとく中止に追い込まれており、経済への影響も深刻な状況に陥る事が予想されます。(3月9日執筆時点で株価は暴落して大変な事になっています)

コロナショックと命名された今回の騒動は収束が全く見えず、長期化が予想されていますので、感染拡大の防止と健康維持に全力で取り組むべきでしょう。

体力が低下した高齢者や疾患を持つ方が感染して重症化していますので、常に最悪の事態を想定して、対策を講じていきましょう。

私が実践しているコロナウイルス対策をご紹介します。

前置きが長くなりましたので本題に入ります。今回の記事では、私が行っているコロナウイルス対策をご紹介します。うがい手洗いは必須項目なので当然行うとして、それ以外では下記の2点を実践しています。順番に解説していきます。

① 加湿空気清浄機、プラズマクラスターを導入して、24時間フル稼働させる。
② 現金を使用せず、クレジットカ-ド、バ-コ-ド決済を利用する。

①加湿空気清浄機、プラズマクラスターを導入して、24時間フル稼働させる。

btr

シャ-プが開発した加湿空気清浄機プラズマクラスターを24時間フルで稼働させています。この機械はプラスとマイナスのイオンをプラズマ放電によって放出する事で、空気中のウイルスに作用し破壊します。

プラズマクラスターで重要なのはイオンの濃度で、既定の濃度に達してはじめて効果が現れます。連続運転にしておけば部屋のイオン濃度が一定に保たれるので効果が出やすくなります。

現在、猛威を振るう新型コロナウイルスを用いて実験を行ったわけではありませんが、効果は期待出来ると思っています。

製品開発時の実証実験でインフルエンザウイルスやコロナウイルス科に属するウイルスの不活化(ウイルスを破壊し感染力を抑える働き)を確認していますので、間違いないでしょう。

◆最新の実証結果はこちらに記載されています。

実際に老人ホームや病院の待合室などに多くのプラズマクラスターが設置されており、その性能を最大限に発揮しています。

 

外出して、コロナウイルスを付着させた状態で帰宅しても、プラズマクラスターを設置していれば安心です。私の場合、帰宅したら直ぐにプラズマクラスターの風量をマックスにして風を直接体に当てています。

勿論プラズマクラスターを置いている「だけ」では安全だとは言えません。うがい手洗い、マスク装着、不要な外出を控え、人ごみには近寄らない。

こういった基本的な事項をしっかり守った上で補助的に使用すればコロナウイルスに感染するリスクは更に低下すると思います。

空気清浄機プラズマクラスターはウイルスだけでなく、ハウスダストや花粉、PM2.5も除去しますので、大きなメリットが得られると思います。

適用床面積も14畳まで対応していますので、一般家庭であれば問題なく使用できます。この機会にご確認ください。

②現金を使用せず、クレジットカ-ド、バ-コ-ド決済を利用する。

2番目の現金使用に関しても注意を払うべきだと思います。「金は天下の回り物」と言われています。紙幣や硬貨に付着したコロナウイルスが堂々巡りしている可能性も否定できないでしょう。

感染経路が不明なケ-スもある様ですが、お金から感染したと考えれば合点がいくのではないでしょうか?

WHOは、コロナウイルスは手紙や荷物のような物で「長時間生き残ることができない」という見解を示していますが、中国では大規模な紙幣の洗浄が行われていますから、注意するに越したことはないでしょう。

買い物の際には現金を使わず、スマホのバ-コ-ド決済、もしくはクレジットカ-ドを使いましょう。まだキャッシュレスに移行できていない方は、この機会に導入しましょう。

特に難しい事もなく、専用のアプリをインストールするだけの簡単仕様ですからチャレンジあるのみ!ですよ。私のお勧め、楽天ペイはこちらからどうぞ。

編集後記

新型コロナウイルスの影響で私たちの日常生活は滅茶苦茶になっています。本当にいい迷惑ですね。

中国の武漢から発生したウイルスですが、実は中国が開発した「細菌兵器」だという噂も出ています。治療薬も開発されていない事から恐怖感が煽られて、こういったデマが出回っているのだと思います。
(デマがデマわる?・・www)

情報が錯綜して真実が伝わりにくい状況ですが、先ずは気持ちを落ち着けて、しっかりと食べて、眠って、免疫力を高め、健康な体を維持していきましょう。

その上で、今回ご紹介した施策を取り入れるなど、出来る事はなんでも取り入れて、今回の騒動を無事に乗り切って行きましょう。

2020年3月14日追記

アメリカで新型コロナウイルスに関する媒介物報告書がまとまり、このほど公開されました。この報告により、新型コロナウイルスの非常に強い感染力が明らかになりました。

詳しい内容を下記に抜粋します。

■新型コロナウイルスの生存期間
・空気中であれば3時間生存。
・銅製品の表面であれば4時間。
・厚紙の表面では24時間。
・プラスチックやステンレスの表面では2~3日にわたって生存。

■新型コロナウイルスの弱点
・湿度に弱い。加湿器を使い、湿度50%でカ氏72度(セ氏22.22度)にすれば、ウイルスの活動が収まることが判明。

※ヤフーニュ-スより一部転載。

かなり強い感染力です。空気中で3時間も生きているのであれば、満員電車などは危険極まりないです。コロナ騒動が収束するまでは満員の交通機関は避けた方が無難ですね。

近場であれば自転車、遠ければ原付バイクなどを利用した方が良いかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。