Enjin Coin (ENJ)に投資してみました.

  1. 暗号通貨

 

Enjin Coin (ENJ)に投資してみました。投資と言うよりイナゴですがwきっかけとなったのはコインチェックからのこのメ-ルです。

ENJ自体は昨年からチェックしていましたが、ブロックチェ-ン・ゲームに使われるという事以外は特に目新しさはないのでスル-していました。

しかし、コインチェックからのお知らせメールを読んで即座に投資(イナゴ)する事に決めました。

コインチェックと言えばIOSTの高騰が思い浮かびます。ウソかホントかリップラーが乗り換えたと言われるコインですね。あのIOSTの高騰が冷めやらぬなか、似たようなコインが上場するのです。

皆さん、どう思われますか?イケそうな気がしませんか?

バイナンスでENJのチャ-トを確認するとジワジワと上がり始めています。これを見た瞬間、絶好のチャンスだと思った訳です。(※ENJはバイナンスに上場しています)

■ENJに投資する理由
①現在、暗号通貨バブルである。
②XRPやXEM同様にENJの単価が安い。
③ブロックチェ-ンゲームでのユ-スケ-ス、開発の方向性がしっかりしている。

コインチェックのユーザーも投資すると思われますので、イナゴするのにこれ以上の条件はないでしょう。

いつもは優柔不断のワタクシですが、今回は素早くコインを送金して購入しました。我ながら上出来です。

2021年1年1月26日にコインチェックに上場するまで価格は上昇していくと思います。イナゴするなら早い方が良いですよ。

ENJの投資判断

今回ENJに虎の子ETHを2枚突っ込みイナゴしました。買ったはいいものの、今後の戦略はどうするのか?
疑問に思われる方のために洗いざらい暴露しておきます。

ENJは・・・コインチェックに上場したら、暴落すると思います。

バイナンスでの不自然な価格の伸びを見る限り、たくさんのイナゴが飛んでいる印象を持ちました。

間違いなくジャパニーズ投機マネーが価格を押し上げています。私も高騰したら売却してETHに変える方針です。具体的には25日前後の高値を付けた時点で原資回収、その後の状況次第で利確する枚数を調整します。

大きな利鞘が確保できれば半数以上利確するかもしれません。残りはホールドして今後の行方を見るのも面白いでしょう。

ENJはEnjin Platformで使用されるコインで、ユースケースはしっかりしているのでプロジェクトの進み方次第では期待できると思います。

コインチェックの解説を載せておきます。

Enjin Coinは、ブロックチェーン資産発行プラットフォーム「Enjin Platform」で利用される暗号資産です。Ethereumをベースに発行されており、「Enjin Platform」によって発行されたデジタル資産であるNFT(Non-fungible token)*の購入や、Enjin Coinを裏付けにNFTを発行することが可能です。また、Enjin Coinの特徴の1つである「メルト(溶解)機能」により、不要となったNFTをEnjin Coinに戻すことができます。

「Enjin Platform」は、マイクロソフトの提供する大人気ゲーム『Minecraft』をはじめとする35種類**のゲームとNFTの発行において連携しており、今後連携するゲームタイトルが増加することにより、Enjin Coinの利用増加や価値向上が期待できます。

※コインチェックPRESSより引用

NFTとは、RPGゲームでのレアアイテム「勇者の剣」なんかがトークン化されたものです。ゲームで入手したレアアイテムがトークン化されていれば高値で売却する事も出来ます。

クリプトスペルズやマイクリプトヒーローではゲーム内で利用できるカードが既にトークン化されています。興味がある方は一度、覗いてみて下さい。
(余談ですが、クリプトスペルズ、マインクラフトで利用できるNFTをコインチェックで取り扱う予定となっています)

この様に前途洋々なENJですが・・・現状は適正な価格ではありません。買われすぎです。

ト-クンの普及と価格は必ずしも一致しないと思っていますので、ここは名を捨て実を取る戦略を用いて売り抜け合戦に挑みます。

今は何とかしてETHの枚数を増やしたいと考えていますので他に目移りする事無くトレードを進めて行きます。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」ですね。

編集後記

①今回の記事に取り上げたENJはバイナンスに上場しています。イナゴしたい方、長期ホ-ルドしたい方は合わせてバイナンスでどうぞ。

本人確認無しでも直ぐに口座開設できますので口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておきましょう。世界最大手の取引所なので安心して利用できます。

暗号通貨トレ-ドを継続して行うのであれば今後も利用する機会があると思います。

【バイナンスで口座開設を行う】

②記事の本文中でも解説しましたが、クリプトスペルズ、マインクラフトで利用できるNFTが今後コインチェックに上場する予定となっています。

日本の取引所では初の上場になりますので、このNFTも面白い値動きになると思います。コインチェックの口座をお持ちでない方は今のうちに開設しておきましょう。

コインチェックで口座開設を行う

1月25日追記

上場前の25日になっても値動きが微妙だったので利確しました。このツイートでは半分利確と書いてますが、この後に考え直して全量利確、ETHに戻しました。

正しい判断だったと思います。爆上げとまでは行きませんでしたが、いい感じで利益が出たので満足しています。「頭としっぽは何とやら」ですよ。

当ブログおすすめ、ビットコイン投資関連記事。

●初心者さんにお勧め。ビットコイン投資関連記事はコチラです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。