ノアプラチナムをデリゲートで増やす方法、DPOSについて解説します。

  1. 暗号通貨
ノアプラチナムをデリゲートで増やす方法、DPOSについて解説します。

今回はNOAH PLATINUMをデリゲートする方法をまとめました。「まとめました」と言っても難しい内容ではなく、誰でも簡単に取り組めますので、一通り流し読みをしたら直ぐにチャレンジしてください。

では具体的に解説していきます。

デリゲートを行う手順

ノアウォレットV79上部のツ-ルウォレットからNOAH TOOLSを開き、デリゲートをクリックします。

※NOAH TOOLSについては下記の記事を参考にしてください。

 

 

この画面で設定を行います。入力作業をするのは3か所だけなので、あっという間にセッティング出来ます。

①バリデ-タを選択。
②デリゲートするコインを選択(現在はノアだけです)
③デリゲートするノアプラチナムの枚数を入力。

 

たったこれだけの入力で設定は完了です。①番のバリデ-タの選択では、ノアクル-のポックンが稼働していますので、彼を選択しましょう。

◆バリデ-タポックン
Name : NiceHash / MinerPokkun
Public key : Np3daaa792602e4688e05f9dd403fbf8f371b3204dd995214ddff67c314f5849e9

 

 

 

ポックンの運営するブログがテレグラムで何度も紹介されていますので、ご存じの方も多いと思います。優秀なノアクル-の一人です。

彼のもとに多くのノアプラチナムがステ-キングされれば上位承認される確率も高まりますので、バリデ-タ選択はポックンに決めましょう。

上記3か所の入力が終わればデレゲ-トボタンをクリックしてデレゲートスタ-トです。ステ-キングしたノアプラチナムの20%が報酬として支払われます。

補足1

デレゲートの下の欄に「解除」という項目があります。これは文字どおり選択したバリデ-タを解除する場合に使用します。

デリゲート中のコインはロックされていて自由に動かす事が出来ません。そのため、先ず解除してステ-キングをストップします。この手続きを経て、コインが返却され、使用出来るようになります。

DPOSのシステムでは、デリゲートを解除した場合、返却まで一定の待期期間が設けられています。
NOAHPでは30日前後になっており、この期間中は送金、売却は出来ません。

補足2

ノアプラチナムが採用した新たなコンセンサスアルゴリズム、それがDPOSです。
(Delegated Proof of Stake)

DPoSでは、コインの保有者に対して、コインの保有量に応じた投票権を割り当てます。その投票(ステ-キング)により取引の承認者(バリデ-タ)を選出します。

投票した承認者が正常にブロック生成作業を完了した場合、配当金を受け取るインセンティブがありますので、報酬が付与されます。

バリデ-タが獲得した報酬は自身の取り分、必要経費(システムの維持費など)を差し引いてデリゲーターへの報酬として支払われます。

 

編集後記

DPOSは新たな承認システムとして開発されました。取引を承認するまでは多くのホルダーが関わっていますが、実際に作業を行うのはバリデ-タだけです。

ビットコインのPOWに比べて承認者を限定することで、取引の承認数を抑えることができる、つまり大量の電力を消費しないので、その分環境に優しいシステムだと言えます。

ノアプラチナムのDPOSデリゲートは簡単にセッティング出来る仕様になっているので、積極的にステ-キングに参加して報酬を獲得しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。